夏休みありがとうございます

しっかり夏休みを取らせていただき、ありがとうございました。

先週20日より、お問い合わせのご返答や絵の進行が進んでおります。丁寧に頑張っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

現在の受注からお送りまで3週間を頂戴しております。夏っぽいバイクと車のお客様のご紹介のせいでしょうか?乗物やハーレーバイクの入った絵のご注文を立て続けに頂戴しています。

やはりバイクに乗られているご家族やカップルさまはオシャレでやんすね!

描いている私は正反対の夏を過ごしておりました。が、絵を描かせていただくおかげで、まるで自分がオシャレカップルの一人となって海に出かけているような錯覚に陥りました。(なわけないですが)

2018年の夏休みの絵

2018年、夏、京都。

あと数年で50歳になるんです。更年期世代には今年の夏はきつかったです。(全ての世代に過酷な夏でしたが)

宿題終わった?

お子様が夏休みのママはヘトヘトなんではないでしょうか。

あと数日です。ガンバ。

というか宿題か。そういや、以前8月末に席描きイベントしたとき、小学校の男の子を描いていて「宿題終わったんだね!」と声かけたら

「ううん、全然!」

と満面の笑顔で答えたのが清々しかったな。脇にいるママさんは苦笑してましたが。

ええ、宿題なんて9月に入ってやるもんですよ。

嫁姑の仲を裂く京都の猛暑

京都は連日猛暑で40℃越えが当たり前の日々。

関東の夫の郷里にお盆は行きました。

が「あなたたちの住む京都がトップになるか埼玉や群馬がトップになるか日々テレビを見てダービーのようにワクワクしていた」と言うのだからちょっと嫁姑の仲に亀裂が入りそうでしたね(笑)とても優しい方ですが江戸っ子っぽい火事見物好みの山っ気があるのです。

こっちも暑かったのよ~30度越えが続いてね~熱中症になるかと思ったわあと微笑まれる。

なんすか。こっちは30度なんて避暑地かと思いますがな。

ヨソの県からしたら35度の気象予報で「ああ!今日は涼しくなるかも!」と期待する気持ちなど分かるまいです。(予報の1~2度は必ず実態は上回る)

というかよくも京都の年配者の方は着物を着こんで涼しい顔をしていることか。気概の違いというものでしょうか。

これはアカン、異常気象天変地異すぎる

根性も体力もない更年期おばさんの私。

あまりの灼熱と過酷な日々にこの7月と8月は数回、ぶっ倒れてしまい、休みはほぼほぼ寝込みました。クーラーなんてこうなれば焼石になんとかです。

暑い日差し 京都市内 熱中症の危険

京都や北摂の方は地震もありましたね。ご無事でしょうか。あれから、地震、カミナリ火事オヤジじゃない、避難警報、大雨、避難警報、灼熱、熱中症注意、外出には命関わる警報、台風、灼熱、熱中症注意、外出には命関わる警報、台風の繰り返しの日々。

更年期障害というのは、ご存知の通り?頭がホットで足先が冷たい。クーラーを付けたら下半身が凍り、吐きそうになるし、止めたら頭が茹でタコになり卒倒する。

クーラーつけるも地獄、つけないも奈落。どないせいちゅうんや。

暑い日差し 京都市内 熱中症の危険

あまりにも非常時が続くと身体もそうですが、ココロもすり減ります。

なので、言い訳でございますが、まったくブログの更新ができていません。描きためたのをまた遡ってあげていきます。

この暑い日々は一日一日過ぎこすだけでも立派なものだと、8月も終わりになり思います。思いませんか?もう日々を放棄していないだけでも勇者ものではないですか!?

ゆっくり休ませていただきました。しかし、9月も少しぶらりと旅行に行くかもしれません。暑すぎて好きなハイキングや山歩きが出来なかったので。

9月に遠出をしたいのです。

絵をお急ぎの方はお早目にご連絡をお願いします。(勝手ですいません)

気分をあげる3つのダラダラセットは

私の気分を上げる方法を伝授しましょう!

2018年の夏休みの絵

人をダメにするソファーに横たわり

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T

ロッテのチョコパイをほおばること。

ロッテ チョコパイ 6個×5箱

口からボロンボロン粉が落ちますが気にしない。暑い日はチョコパイは冷蔵庫で冷やします。ブラックアイスコーヒーと一緒に。

そしてNHKの岩合光昭さんのネコ番組を延々流すことです。

写真家:岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」

猫がもうずっとブームですね。

私も大好きですが、岩合さんの番組の素晴らしいとこは

写真家、岩合光昭さんがネコを褒めて褒めて褒めまくることです。

「かわいいね~キレイだね~」

「爪とぎ上手だね~」

「立派だね~ハンサムだね~!」

「素晴らしいジャンプだ!」

など。なんでもない普通のネコの動作も褒める褒める!

ねこの京都

岩合さん、優しい声で褒めまくるのだから、猫が懐いてしまい(日本語なのに?海外の猫ですら岩合さんの褒め言葉が分かるようだ!?)ベストショットが連発。岩合さんならではの猫の光景です。

自分で自分をほめてほめまくれ!

私達中高年に必要なのはこの褒め褒めメンタルではないでしょうか。

だって大人になれば誰も褒めてはくれないんだもん。

もちろん中高年に限りませんが。

こんな暑い中、仕事に行って当たり前、地震があっても通勤して当たり前、介護や子育てして当たり前、…こんな天変地異のような気候の中、大人も子供の高齢者も生きてるだけで殊勲賞もの。

厳しくした方が成長する!という意見があるのは分かりますが。子供だって叱り飛ばすより褒めた方が楽しいし頑張るじゃない。オトナだって褒められたい。

特に前線で働いている大人、パパ・ママやオバサンオジサンはすごい。やって当たり前の日々。地震があっても会社に行き残業したり、止まった電車に閉じ込められても文句言わない。警報が出てもパートに行く。雨のあいまに買い物して、自転車の前後ろに子供さんを乗せて走る。家族にごはんを食べさせて料理して洗濯する。

もう無茶苦茶な7月8月でしたよね。

生きてるだけでスゴイやん。

働いて家の事、家族の世話しているとは正に勇者!もう自分に厳しくばかりするのは辞めて、自分で自分を褒めまくろうではないか!と。

ネコのように「当たり前」を褒めよう

だからこそ、岩合光昭さんの猫番組はいいんです。

自分を肯定したいけど、大人はお互いもうしんどいから、周りに期待できない。こんなに暑いと「しんどそうだね、休んだら?」なんて誰も声かけてくれません。余裕がないから。

むしろ自分の頭の中に永年住み着いた”自分警察”が「ダメ!ダメ!もっとちゃんとしなきゃ!恥ずかしくないの!?」などとブレーキをかけます。そうなると疲労困憊してバッタリいきます。何回かいきましたとも。ムリすると結局、医療費や時間が無駄になるんですね。

で、ふと気が付きました。自分の休暇は自分で作るしかない。フリーランスは自分で休まないと延々やってしまう。終わらない家事だの子育てだ介護だの抱えてる女性は特に。は~い休み!休憩!なんてだれもサイレン鳴らしてくれないじゃないですか。

こんな暑くて辛い日々は自分で自分を褒め、やばいと思ったら他人を気にせず休む。自分で自分の心と体調に気を付けるしかありません。

褒められてもせいぜいジョンレノンの髪型

私などもういいオバサンですから日々の仕事や家事で「よくも頑張った」など身近な人は誰も褒めない。

家族や亭主の褒め言葉や胃瘻慰労をアテにするのはもう10年前に諦めました。

亭主は私の絵には全く興味ないし(笑)(同業者同士の夫婦は違う苦労があるとも聞きますが)髪型を変えようが気にも留めません。新婚の頃は「少しは褒めないといじけるぞ!」と喧嘩しましたがせいぜい「ジョンレノンに似て男前」という言葉が引きだせただけです。

ジョン・レノン 音楽と思想を語る 精選インタビュー1964-1980

でも岩合さんの猫招きの番組は「当たり前」を褒めまくるんです。

猫の年齢や性別にかかわらず、ネコの普段の生活を神や仏、ヒーローやヒロインのように褒めたたえます。

当たり前の長所を肯定して見出し褒めまくるのです。

ネコ番組をゆっくり視てゴロンとしていると、まるで自分が猫になってマイペースで動いているかのように癒されるのです。

カレンダー2019 岩合光昭×ねこ (ヤマケイカレンダー2019)

岩合さんのあの優しい声の褒め言葉は、段々、自分がほめられているような錯覚をいつしか起こします。自分アゲアゲ。

「すごいね~今日はよくもここまで進んだ!」

「栄養バランスに気を付けてよくごはん食べたね!」

「笑って辛抱して乗り越えたんだ!よくも我慢したね!」

「この暑い中、スーパー買い出しすごい!」

「仕事に行って帰ってきただけで勇者!」

など、なんでもいいんです。岩合さんのネコ番組を見ていると、猫を褒めるように自分を褒めていることに気が付きます。

贅沢な時間です。

同世代女性には「よくもこの夏、生きていたな!同志よ!」と肩を抱き合いたい気持ちで一杯です。

どうか残暑に気を付けて。まだまだ暑いです。