大坂なおみさんに続いて、大谷翔平(おおたにしょうへい)さんです。

メジャーリーガー:大谷翔平さんの似顔絵(にがおえ)

やはり、スポーツ選手の似顔絵を描くのは苦手です。

どうしてかというと、競技しているときの顔と普通に笑っている顔がぜんぜん違うからです。

こんな風に野球のポーズを取りながら満面の笑みをこぼすのはおかしい。おかしいが、描いてしまうからよけい変になる。

どこのサイコパスやねん、という雰囲気になります。真剣な顔にしたらどうしても釣り目になるし。(大谷さんにしろ、大坂さんにしろ、本来はタレ目に近い)

メジャーリーガー:大谷翔平さんの似顔絵(にがおえ)下書き
下書き、これの方が出来上がりより似てますね。

下書きはあまり考えずに印象だけで数秒で線を気楽に大きく取るので、似るのかもしれません。

メジャーリーガー:大谷翔平さんの似顔絵(にがおえ)線

線を入れてるとどんどん迷いだすことがあって、この大谷さんもそうなっちゃってますね。

丸顔で顔のパーツが真ん中上寄り、というシンプルな構造なのに、目がキラキラしているかもしれない、とか、鼻が大きすぎるのかもしれないとか、めっちゃ迷った線の集合体になっております。

大谷翔平 二刀流 ファイターズ・5年間の軌跡 [DVD]

ものの見事に似てません。

※私がいつも、下書、線入れも写真にとって載せるのは、こういう風にあとで客観的に視れるからです。私のエスキースすごかろうwという自慢ではなくて、載せるとエゲつない自虐になるんですね。

ディスプレイって残酷で、自分が近視眼的に書いているときは分からないことが「あああ~そうかあ、あかんやん!」とモロに分かるのだ。

メジャーリーガー:大谷翔平さんの似顔絵(にがおえ)

この人のまた描き難いことに、身体が大きくて長くて日本人離れしてる。ありえないくらい手足が長いんです。

エンスカイ 大谷翔平 2019年カレンダー

似顔絵は、どうしてもコミカル寄りにするために小さく身体を描くんですね。でもこの人は顔がメチャメチャ小さくて、身体がどーんと長い。

絵にするとき迷いまくり、そこの折衷のような大きさにしたら、ただの平凡なアジア系の少年野球の人みたいになってしもうた。。。

働く細胞
エンジェルスの赤いユニフォームが働く細胞の輸血の赤血球の人みたいになってしまいました(笑)

とほほ。スポーツ選手は方針を変えて、何度か描いて練習してみます。リベンジ泣

エンジェルスの色って血に近いんだよなあ。。。。楽天やカープやレッドソックスも赤いんだけど、エンジェルスは特に赤血球系。