道で見つけたステキな看板

大阪のアーケードで写した似顔絵が描かれていた看板。

大阪梅田の似顔絵看板 居酒屋

いいですね。しっとりした雰囲気で、スタッフのおもてなしの心が伝わります。メッセージや店の宣伝も読みやすい。

このように似顔絵を効果的に使ってる看板やチラシ。街で発見するとこうして撮影して勉強することにしてます。

大阪梅田の似顔絵看板 居酒屋

かわいいし、とっても上手です。

奥にも看板があったので撮らせていただきました。

大阪梅田の似顔絵看板 居酒屋

まだ開店していないようなので、ガラス越しで視にくいですが。

光のかげんで半分が鏡状態になり、向かいの無料案内所の看板やら、私の撮影する影もばっちり入ってますね(笑)

店長だけが何故か普通に写真

スタッフ全員の似顔絵、とてもステキです。この店にぜひ飲食に訪れたいものだ…。とよく見ていたら、

あれ?店長だけ似顔絵でなくて写真だよ!

なんで?

似顔絵作家に頼む時間がなかったのか、店長だけは写真がいいと主張したのか。

でもなんか、分かる気がします。

昔バイトしていた居酒屋で、店長とスタッフ全員を仲良くしているさまを写真に撮って看板に使う!と主張した店長がいたんですね。

女子大生の子や主婦の人は激しく抵抗。顔写真を撮影して公開するなら退職します!という人まで。店長はその気持ちが分からなかったようです。「かわいいんだから、人前で写真を出して、それで客がきたらアイドルみたいじゃない!」と。

いや、セキュリティとかあるんだから…。

キャバクラや風俗ならともかく。じゃあ写真の女子が卒業・退職したらどうするんですか?インターネットに流出したら?その人目当てに客がきたらマージンが出るんですか?付きまとわれても責任とれますか?色々事件があったんですよ~と全員で説明して留めてもらった記憶があります。

今の私なら代わりに似顔絵はいかがでしょうか?と営業したことでしょう。

似顔絵を使ったら楽しい店の雰囲気を演出できる!

全員仲良し、わいわいスタッフ!という居酒屋にしたい、そういう店に客は惹かれる!というのは最もなことです。

ビニール提灯 長形 9号 営業中 居酒屋 食事処 ラーメン (居酒屋)

そういう雰囲気を演出するには似顔絵はもってこいです。柔らかい表現になりますし。

たまに似顔絵ですら出すのはいやだ!というスタッフさんもおられるようですが、一人くらいいなくても大してマーケティングに影響はありません。

写真は出せないけどワイワイした元気な雰囲気を出したい!という場合に似顔絵を使うのもありです。宣伝に非常に効果があります。

上記のように、なぜか店長だけは写真、というのは広告的にアンバランスです。なので全員似顔絵にした方がいいのではないかと思いますが、集客に影響は特にないでしょう。