似顔絵は生活に関係ない?いいえ!

似顔絵なんてたまに観光地やイベント、イオンでプロの人を見かけるくらい。あまり身近なものではない、という話を聞きます。

恥ずかしがり屋の方など、清水の舞台に飛び降りるくらいの気持ちで似顔絵を描きにきました!などとおっしゃいます。(私も描くのは平気なくせに、描かれるのはめっちゃ緊張しますのでお客様の気持ちがわかります!)

しかし、本当にそうでしょうか?

実は看板やチラシなどに似顔絵は多用されています。

見ていただけるとア!それそれ!と手を打っていただけるかと。

住宅販売のチラシの似顔絵

そうです。住宅販売のチラシにはよく似顔絵が使われています!

信頼させる、超!ノーマルな顔のイラスト

住宅販売のチラシの似顔絵

田中さん 池辺さん 三宅さん どの方も素晴らしくしっかりしていて信頼が持てそう!

ぜったいに嘘をついたり、約束を破ったりしなさそうです。家を買う時はぜひ指名したいですね!(そんな予定はとうていありませんが(笑))

顔はデフォルメやマンガ要素も取り入れず、かといってリアルでもなく、平板。はっきり言えば、どの方も似たような雰囲気。パーツの形や目の位置や髪型が多少違うくらいで、どれも同じような印象があります。

本人に似ているのだと思われますが、個人個人のキャラがあまり立っていません。顔立ちと目鼻の位置を写真にあてはめて、線を入れたような感じで仕上げています。

私はこういうのを【超!ノーマル似顔絵】と呼んでいます。こういう画風は画家の個性もありません。誰がこの似顔絵を描いたのかも分からない。(有名似顔絵師さんの絵は見ただけでタッチやフォルムが違い、誰が描いたのかひと目でわかる個性があります。)非常に匿名性の高い商業的な似顔絵が【超!ノーマル似顔絵】です。

こういうノーマルな絵柄の似顔絵はよく見かけるでしょ?チラシやHP、看板、全国的に販促に多く使われているのではないでしょうか。

【超!ノーマル似顔絵】とは

【超!ノーマル似顔絵】は観光地のカリカチュアやイオンで描かれているマンガタッチの作家の似顔絵とは違います。

なんだか…地味?

そう、似顔絵ならではの面白さ、というのには欠けるところがあります。

しかし、とても清潔感があって安心できます。

そう、【超!ノーマル似顔絵】の良さはそこにあります。

個性的な画風であったり、やたら表情が大げさだったり、誇張されていたりしません。キラキラもしていません。そうであってはいけないのです。商売や営業、企業に使う販促の似顔絵は!

住宅販売のチラシの似顔絵

この住宅販売のチラシの担当の人は、顔や名前を覚えてほしい。営業の担当が決まっていて、自分を指名してほしいんですね。

写真だと堅くなるので似顔絵。色数の少ない安価な紙の印刷なのに、似顔絵を使うせいで、親しみやすく手に取ってみたくなります。

しかし、その似顔絵は芸能人のように個性やブランディングが咎ってはいけません。お客様に信頼されないからです。

たとえばアキラ100%さんみたいな不動産の営業の人がいたらどうでしょうか?

アキラ 100パーセント コスチューム衣装 R-1 優勝 お盆 きらきら 蝶ネクタイ パンツ 3点セット

それはそれで大人気にはなると思われますが(笑)何百万単位の大きなお金が動く不動産の世界ではあまりに立ったキャラの人がいたら嫌厭されるのではないでしょうか。

有名チェーン店に見る似顔絵ブランディング

例えば、寿司屋の「すしざんまい」の社長や居酒屋「山ちゃん」の社長の似顔絵

社長なだけに、似顔絵のキャラが立っています。しかし、お客様に大事なお金を出してもらう、という意識で、その立ち方はノーマル寄りです。

あまりに奇抜すぎたら食品なので問題があるのです。

社長はその企業のトップです。人柄次第で売上に関わります。

すしざんまいの社長は、年始のマグロの一番の値で競り上げたことでそのキャラが有名になり店は大人気になりました。社長の行動や性格次第で店や企業の利益が決まる。なので、似顔絵も庶民に好感が持てるものでなくてはいけないのです。

ある人には好かれ、ある人には嫌われる、というふり幅の大きな個性を持たせてはいけない。

美化されず、イケメンすぎず、かといって平凡すぎてもいけないし。痩せ過ぎない方がいいですね。不景気に見えるので。かといって独裁者のようでもいけない。

できるかぎり信頼がもてる、清潔感があり、不正をしなさそう。陰で株操作をして大儲けをしたり、独禁法の違反なんてしなさそう!な感じにする必要があります。

人柄も温かく優れていて、偉ぶらないユーモアがあるキャラ。それを誰にでも愛されるノーマルな画風で演出します。

すしざんまい京都 社長の像
京都のすしざんまいにて。社長の像が表にあります。しかし、小ぶりに作ってあるので、記念撮影のとき、私が巨漢に見えます!
世界の山ちゃん
世界の山ちゃんの似顔絵ブランディング。親しみやすいノーマルな似顔絵の社長に羽が生えていて、そこに個性を出している。

駅や電車、バス、公共の乗りものの看板

あと、一番目につくのが駅や電車、バスの中の看板です。

医療関係が多いですよね。お医者さんは堅い職業なので、似顔絵で親しみやすく宣伝をするんですね。

駅の看板の似顔絵
歯医者なだけに歯をしっかり描いた超!ノーマル似顔絵。兄弟で経営されているということで、兄と弟の絆を強調している。顔は兄弟なだけに似ている。
千葉県松戸市 流山線の電車広告の似顔絵
千葉県の電車の車内にあった肛門科クリニックの広告。肛門の病気という羞恥しそうな医院を優しそうな似顔絵のドクターが柔らかく誘い抵抗感をなくす。

こうして見ると超!ノーマル似顔絵の良さが分かっていただけるのではないでしょうか。一見地味そうでいて、顧客の信頼を獲得するのがノーマルな似顔絵です。

これが今大人気のデフォルメで誇張したカリカチュア似顔絵の肛門科だったら尻込みしてしまうに違いありません。尻にある肛門なだけに…。

いやはや、失礼しました(笑)

販売や企画、チラシの販促ツールに似顔絵は欠かせません!ココナラなどのCtoCの販売サイトでも似顔絵は気軽に作れます。ぜひご自分の似顔絵でお仕事を演出してみませんか?