池上彰(いけがみあきら)さんといえばニュースを分かりやすく解説してくれるジャーナリスト・ニュースキャスターさん。

池上彰(いけがみあきら)

元々NHKの子供ニュースの司会などもされていた。フリーになられてから、その博識さ、分かりやすさから沢山の番組を持たれています。国内と経済と政治、世界と日本のニュースを色々なタレントさんを交えて軽妙な会話やつっこみ。

年末になると池上さんのニュース番組で一年の出来事を復習というのがもはや風物詩といっていい。

池上彰(いけがみあきら)ウィキペディア

へ~そうだったのか!

とガッテンさせてくださいます。

分かりずらい世界情勢や経済など、この方のニュース番組で理解が深まった人も多いことでしょう。

パクリ疑惑がどうのと騒がれている池上彰さんですが。。

真相はともかく

ああも沢山の持ち番組があり、勉強もして、世界中に出かけて取材して(危険地域も)、もはや68歳。なみの人では出来ませんよ!多少は外部ブレーンの力も必要なんじゃないでしょうかね。あまり苛めないであげてほしい。

書籍も沢山お書きになり、新聞にも似顔絵がいくつかあったので、感想とつっこみ^^

池上彰 書籍

日経新聞のコーナーを持たれている。

「現代史を歩く」

文章もとても分かりやすく、楽しみに読んでます。

似てますね!上手ですね。ふんわり柔らかい雰囲気ながら、知性を感じさせる。池上さんの親しみやすい雰囲気もよく出ています。

知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治 (角川新書)

優しそうな方ですが眼光は鋭いので、写真だと堅くなることでしょう。

そこを写真じゃなくて似顔絵を使う。そのことにより、記事をより読みやすく親しみやすくさせる。似顔絵という絵の力を感じます。

池上彰 書籍

新聞のコラムだから、カリカチュア(政治風刺)ではない。だからそんなには誇張もされていません。

しかし、おでこが大きい…んだな。やっぱ。いや、はっきり申し上げると、おでこでなくて髪の毛ですね。一時期吹き飛びそうな感じでしたが、ここ数年は変化がありません。何かされているのでしょうか。

だんだん薄くなっていくけど堂々とされていたので池上さんさすがだなあ、と思ってたんです。しかしストップして今のスタイルのまま数年です。プロデューサーとかが何か指導したのでしょうか。

さだまさし さんも髪は後退かと思いきや、ずっと固定してますね。(有名人・芸能人は大変です。)温水さんのようにそういう髪の毛のキャラとして生きていくわけにはいかないのでしょう。ロバートキャンベルさんみたいに最初からそうならともかく。日本社会はまだまだ薄毛に関して偏見があります。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい。

いや、こんなすごい方の髪の毛がどうのこうのっていうの下品で下卑なの分かるんですが。

似顔絵描きの習性として、どこを誇張するかな。と。

こんな新聞の似顔絵でもかなり額を大きく描かれていますね。

池上彰 書籍

お次は書籍「池上彰のマンガでわかる経済学」

新聞でこの宣伝を見たとき、ちょっとお茶を吹きそうになり申した!(←薩摩風)

池上彰のマンガでわかる経済学〈1〉 経済のしくみ

池上彰 書籍

に…にてない。でも似てる!

マンガだから、若い人にも親しみが持てるように眼をキラキラさせたんですね。

けど髪の毛はやっぱり…。そこは外せないのですね。どうしても皆、そこをクローズアップさせるのね~!

しかし、眼と口元は感情移入しやすいコミックキャラに!

いや、分かる、分かるけど、イケメンすぎるぜよ!(←土佐風)

私も描いてみます!