ノーベル賞 医学生理学賞。快挙です。

本庶 佑さんの受賞のニュースに、連続の災害にげんなりしていた日本国民に希望の光が差したのではないでしょうか。

ノーベル賞 医学生理学賞:本庶 佑(ほんじょ たすく)さんの似顔絵(にがおえ)

京都大学 本庶 佑(ほんじょ たすく)さん

昨日の受賞インタビュー、最初は面食らって緊張されていましたが、だんだんいい感じになり、意思の強さ、いい意味での頑固おやじな研究者のキャラが出ていましたね。

京都の気骨のあるおじいさん。素晴らしいです。

ノーベル賞 医学生理学賞:本庶 佑(ほんじょ たすく)

本庶さんの研究は、仕組みを聞くと、私のような一般人には??の連続なんですが

あのオプジーボの元を作った人だと聞いて合点しました。

そのうちノーベル賞を取るだろう、取るだろう、と言われてましたが、ついに取りました!

数年前、私は大阪府の島本町というところに住んでいたんですが、小野薬品の研究所がある。この数年で、小野薬品の株価が強烈!にあがり、社屋の建て増しがされていた。小野薬品の株を買っておけばよかったと下世話な欲を抱きました(笑)

小野薬品の大飛躍は、このオプジーボの製品化のためです。

オプジーボは、癌の新しい薬で、免疫に作用する。これまで癌治療の免疫療法というと詐欺まがいのものが多かったんですが、このオプジーボの登場で変わりました。

末期で治療が不可能と言われていた癌にも効果がうたわれるのがオプジーボ。ただ、やたらめったら薬価が高い。

かつて私がHer2+という乳がんに効く薬、ハーセプチンを使用した。近年できた、ものすごく効果のある分子標的薬だったんですが、ゲンナリするほど高かった。(その薬のおかげで今こうして絵を描いてられるのです)医薬の進歩は目覚ましく感謝です。

しかし、オプジーボはもうそれをはるかに上回る高さ。年に3000万以上かかる。気が狂うような大した目が飛び出るほどの値段です。研究の労苦と投資が医薬品には反映されているので、妥当な価格とはいえ。庶民にはまあ、無理じゃないですか。

で、どうやら保険適応になるだろう、ってことでした。が、それをやったら日本の医療財政は破綻します。1/4が高齢者の昨今。超!少子高齢化。癌患者の7割が高齢者です。医療費と介護費でパンク寸前の日本国。

オプジーボが安くなり、保険適用になれば、これからは癌=不治の病という感覚が薄れてくることでしょう。

もう癌も治ってしまえば、次は認知症でしょうか。不老不死とはいわないまでも、我々はいつ死ねばいいのかな、などとアラフィフになった今日思います。私くらいの中高年はそんな高い医療はもういいや、再発したらそれはそれ、と思う。長生きしたい気持ちもそりゃありますが。複雑な心境ですね。

お金のある年配者を中心に使うことになるのかな。でも一番治療が必要なのは現役世代。子供さんを育ててる人や、これからの若い年代の人にこういう薬を安価に使う仕組みが作られたらいいのに、とも。医療の発展は嬉しいことですが、実際どう社会で適応していくか。

その解決の思惑が今回のノーベル賞受賞に絡んでいるのではないか。

免疫チェックポイント阻害剤(nivolmab:商品名 オプジーボ)

いかに世界中で癌の特効薬が待たれていたのか。

ノーベル賞は、国際情勢、政治、企業の思惑などが関わります。何が誰がいつノーベル賞を取るかは、非常に経済的かつ政治的な問題をはらんでいます。全ての優秀な発明や研究にやみくもに与えられるものではないのです。

このオプジーボの基礎研究、本庶 佑さんの受賞は社会情勢や製薬会社の思惑が確実に絡んでいるものと思われます。この受賞で癌治療がどう変わるか。

ノーベル賞 医学生理学賞:本庶 佑(ほんじょ たすく)さんの似顔絵(にがおえ)下書き

下書き。不屈の精神と反骨がある感じの骨格。

ノーベル賞 医学生理学賞:本庶 佑(ほんじょ たすく)さんの似顔絵(にがおえ)線

眉もしっかりしてて、ダンディー。若い時のビデオも出てましたが、イケメンです!本庶 佑先生。

ノーベル賞 医学生理学賞:本庶 佑(ほんじょ たすく)
ソフマップの壁かと思いきや京大だったw

<ノーベル賞>座右の銘「有志竟成」 本庶さんインタビュー

「大変、私は幸運な人間だというふうに思っております。」

この方もおっしゃってますが、よくノーベル賞学者さんが「成果は運が良かった」といいます。が、何も謙遜で言っているわけではなく、医薬研究は成果の影に膨大な失敗と試行錯誤があります。実験を何百万回繰り返しても成果が上がらないことなどザラです。成功の影には、多くの人の膨大な試みがあることをよく知っているからこその発言です。

「実験というのは失敗が当たり前で、一回一回のことでめげていたらだめ。物事に不可能はない。必ず道があるとの思いでやってきた」

その試行錯誤は、何も科学者だけに限ったことではなく、スポーツや勉学はもちろん、絵を描くこと、仕事をすること、家事や子育てや介護にも通じることではないでしょうか。やみくもに滅私奉公的な努力をするのでなく、山中伸弥教授にしても、虎視眈々としぶとく、合理的に考え、失敗を恐れず、諦めず工夫して、ジワジワチャレンジしたのです。何千回も何万回も。

失敗してあたりまえ、めげていたらダメ、必ずやれる!私は私なりの道を開くのだ!と本庶先生の姿を見て励まされました。

ノーベル賞 医学生理学賞:本庶 佑(ほんじょ たすく)さんの似顔絵(にがおえ)

本庶 佑さん、今の夢は、ゴルフが上手くなること。76歳。終わらない探求心がお顔全体にあらわれキラキラしてました。