アシガールのスペシャル続編決定発表から心が騒いでおります。

www.nhk.or.jp

一体いつになるのでしょうか。ファンとしては制作には十分時間をかけてハイクオリティなものにしてほしいので、やきもきしますが、忍耐&楽しみの日々でございます。

さて、アシガール 兄上役の松下優也さんの似顔絵です。

アシガール 兄上役の松下優也さんの似顔絵

この人が魅力的なんです。裏ヒーローというか…。

以前描いた、弟・忠清さま。▼

www.nigaoe.work

明るく正義、素直、優しい、カリスマ、いかにも上に立つものの資質があふれる若君。

ヒロインの唯ちゃんが一目ぼれするようなイケメンかつ心映えも優れている戦国ヒーロー。この跡継ぎの若君に対し、この兄上の存在が暗く立ちはだかるのです。

ヒーローの若君が陽の光の存在なら、影の存在である兄上さまです。

アシガール 兄上役の松下優也さんの似顔絵

怪演といってもいい。

ドロドロした暗いオーラが漂い、いい味を出しています。

役者の松下優也さんは千葉真一さんの血筋という噂もありますが、はっきりしてません。

アシガール・若君の兄役の松下優也がイケメン!父親は千葉真一、ハーフ? | Snacktime

どことなく、出始めの松山ケンイチさんを彷彿とさせるような線の細さ、複雑な演技が素晴らしいですね。

どう見てもこの人が怪しさ満載。暗殺の立役者であるのに、お兄ちゃん大好きな若君はその罪を追求しきれません。ほんとは兄と仲良くしたいのに、兄が自分を殺そうとしているのが辛いのです。

その思慕に胡坐をかいて「ふふふ何のことでしょう」と笑っている。

アシガール 兄上役の松下優也さんの似顔絵

どっから見ても怪しいでしょうが!と見ながら突っ込みます。

それがまた母性本能をくすぐる、いいヒネクレっぷりです。

健やかに育ち上に立つものの資質十分な若君。

それに対し、兄上は、鬱屈していて、あきらかに性格が暗く歪んでいます。それには訳があります。

本来なら兄であり、武士の習いなら跡継ぎになってもいいはず。しかし、出自(母の身分が低く)幼い時に暗殺の憂き目にあい、母子で追放されています。で、その母親を田中美里さんが暗く暗~く演じています。その母の恨みと悲しみを一身に背負い、兄上は鬱屈鬱屈し成長します。

母子密着の不健康で切ない関係。兄上とその母の病んだ共依存は戦国というより、現在の母子関係に通じる問題です。それが物語に深い影を落とします。

兄上はドラマの悪役の一人で、ずるく暗躍して弟を追い落とさんと画策します。でも、その不幸な生い立ちから憎めない魅力があります。

その複雑なメンタリティを松下優也さんは実に上手く演じています。唇の端の動きや眉、目のやり場など。すごく上手な演技です。

マンガの原作ではなかったエピソードです。

この「アシガール」は兄上の母子関係をはじめ、色々な家族関係・親子関係を掘り下げて脚本を膨らませています。そこが今回のドラマの秀逸でしょう。単なる、マンガタイムスリップ活劇に終わらないヒット作の要因ではないでしょうか。

健やかすぎる若君よりも、こういう複雑で暗く、甘えん坊の男性に共感して胸キュンしちゃう女性も多いんじゃないですかね。

しかし、最後は、集英社のジャンプ的展開で、和解。イケメン戦国の武士兄弟の殺陣アクションシーンが見どころのひとつ。イケメン兄弟が背中合わせになり、闘うシーンは腐女子にはたまりません!

元AKBの阿湖姫役の川栄李奈さんとのムフフ展開の予感。続編ではそのあたりも進展しそうだとの情報もあり、楽しみです。