(*´Д`)ようやく、現日付(12月1日)に追いついてきました。更新したその日にしとけばいいんですが。火木に更新すると決めてその日がダメだったら、後からでも埋めてしまいたい性分です。

脳科学者 中野信子さんの似顔絵です。

脳科学者 中野信子さんの似顔絵 

昨日描いた

www.nigaoe.work
歴史学者 磯田道史さんが司会をつとめるNHKの「英雄たちの選択」という番組によく出演されている学者さんです。

磯田さんと共に、ステキだなあ、面白いなあ、カッコいいなあ、とファンになった。

ベストセラー『サイコパス』の著者だといえば合点するする方も多いでしょう。

サイコパス (文春新書)

専門は難しいんですが 認知神経科学者

肩書としては医学博士さんになられます。

医療・科学分野なんですね。

心理学とどう違うのでしょうか。この境界線はあいまいでトンデモが入りやすく議論されています。

※よくカウンセラーやコーチングとかなんちゃら脳認知学(米国経由できた英語3文字)などは何十万ものお金でセミナーをすることで大量の自称専門家を生み出しています。本当に専門家になりたければ大学院で心理士とか精神保健福祉士さんになるしかないのですが、それをしないでアメブロなどにこの手の起業をする人が多く、占いやらスピルチュアルと交じっている。その手の人が絡みついてくることしばしばあり私がアメブロやFBを撤退した原因のひとつです。中野さんはその世界とは全く関係ない研究者です。

心理学は文系なのか理系なのか。大学教育でもこれは曖昧で近年ようやく整理されてきたのでしょうか。医療職のようでいて、そうでもない。理系のような科学的アプローチを取りながら非論理な感情的な部分もあり。

現代は精神医学や発達障害などの分野が取り沙汰されている。心や脳はまだまだ未分化の世界です。

大体において「心(こころ)」という臓器は物理的にないのです。頭の中にあるまさに人間の臓器の問題なのです。宗教や感情の問題とされてきたココロです。が、近年の研究で、ココロが脳の仕組みによりケミカルに動いていることが判明されてきます。そこが「医学」と「心理学」の違い、文学と科学の違いです。

この中野さんのようなまさに医学領域の脳科学からのアプローチではじめて、学問として正当な領域を確保しつつあるのではないかと思われます。

脳の仕組みを整理整頓され、トンデモでなく納得できる論理構成でお話されます。

脳科学者 中野信子さんの似顔絵 

クールビューティーですがどこかカワ(・∀・)イイ!!。

この髪型の違和感に覚えがあるなあ、と思ったら、やはりカツラでした。かつて初期の乳がんを患ったことがあるんですが、その時、私もこんなカツラをつけていたんですね。

中野さんはもちろんご病気ではなく、なんとヘビメタ好きの金髪!なんだそうです。

ウィッグの中は金髪で、お仕事上、このような黒髪&スーツのファッションにされているとか。

東大卒で、IQがメチャメチャ高い。あのMensa(メンサ)の会員でいらしたとか。

http://メンサ(英: Mensa)は、人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体

とんでもなく頭の良い方なんですね。なのに、金髪で歌いまくっているというご様子を想像するとびっくりします。

NHKの「英雄たちの選択」では武将や政治家たちの心と選択を脳科学の視点から説明してくれます。毎回おお~!て頷いて視聴しております。

中野信子 – Wikipedia