昨年末から

ジャニーズアイドルグループ V6さんの似顔絵を描こう!

という壮大(笑)なプロジェクト

ジャニーズV6メンバーの特徴

イノッチさん以外、あ、この人がV6の人だったのか

という知識状況からのスタート ファンの人すいません、、

しかし、昨日、京都三条の席描きのあいまに作成していたら「わあ〜V6だあ〜!」と云いながら近づいてくるお客様がいっぱいいまして

とても愛されている国民的アイドルさんなんだな、と分かりました。

私も描いているうちに、とても感じのいい人々のグループだと思いました。それぞれ顔立ち、印象やキャラが違うので、ジャニーズ事務所は、バランス良く上手にグループを組ませているのだなあ、と感心いたしました。

V6さんの似顔絵 メンバー全員下書き
簡単なラフ。一度一通り、全員描いているので、ラフだけで、そこそこ似てます。この簡単な線だけで誰が誰であるか、わかるのではないでしょうか?

V6さんの似顔絵 メンバー全員下書き
下書き完成。

こういう大人数を一枚に描く場合、先に主線をそれぞれで作っておくと手と目が覚えていて、スムーズな構成になります。一人失敗するとおじゃんですからねえ笑

また、一人一人描くのと全員描くのは、違います。

全員描くと、一人が似ていたら、あ、これは○○というグループだな、と分かるじゃないですか。

たとえば、オードリーというグループですが、

春日はポーズも顔も服装もキャッチーだから、彼を似せて描けたら、あ、この絵に描かれた二人はオードリーだ、と分かるわけです。

お笑いオードリー

しかし、もう一人の人、若林正恭さん。

ご容貌は平均的日本人ですし、服装も一般的なものです。(突っ込みの人なので、そういう役割のためにわざとそうしていると思われます。非常に頭のいい方で役者としてもご活躍されています。)

春日さんだけ描いたら、誰もが春日さんと分かりますが、

若林さんのみ描いて=あ!若林さんの似顔絵だ、と気づいてもらうのはハードルが高いと分かっていただけると思います。

なので、グループを描くとき、目立つ人、有名な人だけ似せたら、全員似せたつもりになってしまうので、似顔絵の勉強としてはヨロシクない、と思うわけです。

なので、前もって、あまり私が知らない(実は世間的には超有名w)メンバーの人も前もって一人ひとり描いて研究するのが必要だったんですね。

長い道のり…。次は大ハードル、AKB系にチャレンジしようと思いますw

V6さんの似顔絵 メンバー全員下書き2枚
二枚、V6さんの似顔絵完成。なんで二枚あるかというと、一枚は、席描き用のサンプルに、一枚は、名古屋の竜王賞の予選審査に応募するためです。

V6全員の似顔絵(にがおえ)線

線を入れました。どちらも同じっちゅうちゃ同じですが、微妙に変えてます。間違い探しのようですね。

V6さんの似顔絵 メンバー全員線
線できあがり!

グーグルの画像検索してたら、アイドルの人は、黒髪の時期と茶髪の時期があるみたいですね。茶髪のイメージが強そうな人はそうしました。(三宅さん森田さん)なので、今はこの髪型で、この人は昔この髪型で他の人はこうだった、などアイドルの変遷は無視する結果になってます。

ジャニーズV6メンバーの特徴

全員改めて描くとキャラ付けがくっきりします。

●坂本さん=悪魔 目や口がカエルっぽい 歯が立派
●長野さん=天使 目がウルウル 髪の毛がふわっと巻き毛 口が小さくて微笑んでる
●井ノ原さん=感じのいい人 笑顔!笑顔! 眉が太い 目が小さい
※ほほのT字ラインは年かさに見えるので描かない方がいいのですが、この人に関しては大きな特徴と思うので描きました。
●岡田さん=猿っぽい 耳が大きい ただし日本猿 目は外人
●三宅さん=こちらは小動物系のサル マダガスカルとか? 鼻と口が近い キノコっぽい髪型
●森田さん=ヤンキー 唇が厚くて色っぽい 眉が(わざと?)ヤンキー ほくろ

というのが特徴だと感じました。(すいません、あくまでご容貌を通して、私が思ったキャラです。実際は性格が容姿とは違うかもしれません。)

来週、色付きをアップします^^