中国は旧正月

神戸南京町

神戸南京町スナップ

先週末は神戸の南京街の春節祭に行ってきました。

中国のお正月は先週末までぐらいだったようです。 旧暦なのね。 はじめて南京街をぶらぶらしました。 めっちゃ楽しかったわ。 ブルースリーとか毛沢東グッズが売ってるお店で。

私は、スナップ写真が嫌いで、あまり残っていないのですが、何故か、この顔を入れる板(なんて呼べばいいのか)には潜りこんでしまう。

中国食材が楽しい

ピータンなどの食材が安い!

あのウェイパァーの本店もあり。 味覇(ウェイパァー)の公式サイト

謎の調味料や干物、お茶が一杯あって、摩訶不思議でした。

お菓子も月餅のバリエーションが豊富で、目移りしてしまった。 クコの実とナツメ、牛蒡の薄切りみたいなセットのお茶が売っていて 「これ、解毒にイイヨ。他店のでは体質改善に一年かかるけど、うちのは一カ月で変わると評判ダヨ!」 と言われ、買ってみた…。

なかなか美味しいほんのり甘いお茶で。思い出すと胡散臭い営業トークだが、いかにも効きそうな気がしたんだよ。

代替医療は中国系につい飛びついてしまいそうになる。中国4000年の…とかウンチク言われると瞬時に洗脳されそうになる。もう効果抜群!とか無条件に思っちゃうのよね。

中国は、最近の政情もあり、反発感などもある。しかし、日本人の心理の根底で、 あ、もうかなわないなあ、すげえなあ。昔っから負けてたんだよなあ、なんて思う時も…あるような… あの国は、古代から既に色々完成していたわけじゃない。鍼だの、暦だの、漢字だの。遣唐使時代からのDNAというか…。

三国志でわーわードンパチしてたあの頃、日本はまだ狩猟してたんだよな。

ピータンはアヒルの卵を腐らしたもの

ピータン

料理がすごい。たとえばこれ、ピータン!
(これがまた安かった6個で500円くらい)誰がアヒルの卵を土に埋めて発酵させるなんて考えたんだよ!

うめえ…

和菓子も、強烈なイノベーション(←という言葉を一度使ってみたかった(笑))があったのは飛鳥〜平安にかけて。 唐菓子が伝来した。砂糖や小麦、揚げたりね。それまでの日本のスイーツは果物をそのまま食べるだけだった。お茶も中国から来たしなあ。

劣等感と反発心、憧れと軽蔑、恐れと尊敬。 隣人とはそうしたものだろう。

似顔絵をまた描いてもらう

昨日、またもや、プロの似顔絵師さんに顔を描いていただく。

描いてもらう、という事にハマりつつあります。自分が描けよって突っ込みがあるんですが。現在自分はまだまだ下手だし、やっぱまさにプロに描いてもらうほうが楽しいんだもん!

似顔絵作家さんによる似顔絵

天保山にて。関西を中心に全国で活動されている似顔絵アーティスト、洋一丸さんにお願いしました。

う〜ん 上手すぎる。そして、早い!生き生きとした線。楽しい雰囲気。コピックが魔法の杖のようだ〜 個性がある。

これが個性。まさに個性。

すごいわ。POPでかっちょいい。ハンコにして押しまくりしたいな。

アイコンこれにしちゃいたいな。 やっぱ私、顔が長いのね〜誰に描いていただいても長くなる。気がつかなかった。(43年も生きてて今まで気が付かなかったんかい!)

自画像の漫画も長くした方がええのかもしれん。 1500円で、描いていただいたのですが アレコレ質問ぜめにして5000円分くらい、お話していただいた。

どうもすいません。ありがとうございました! 暖かい雰囲気、技術や姿勢、色々な面で尊敬できる方です。

洋一丸さん