病気をして人間が丸くなったと思っていたのですが 失ったもの得たもの 以前から極悪だったが、最近更に極悪になっている 日記に描いている漫画のように、丸くて優しそうな人ではない。嘘をつくな と知人が言いましたので 今の自分を冷静に描いてみたらこのようになりました。 あ~そうですね。極悪ですね!!おっしゃるとおり! 長い細い顔は闘病して頬がこけたまま、目はくぼみ、斜視に拍車が。毛は生えそろってきたものの、剛毛で四方八方はねている。冷え防止のため、綿入れのズホンをはいており、下にも重ねてジャージを着ているため、サイズの大きいものでなくてはならず、おっちゃん用の上下。加えて大きなカバンを必要としたため(似顔絵の仕事している人は、画材を大量に持ち歩くためやたら大きい)平和堂で売っていた高校生の運動部が持つような巨大黒ラメカバン。 だから、お客さんが、派手目系や外国人の方が多いのかしら?子供連れさんが避けるわけだわ~とほほ。丁寧な接客を心がけ優しそうな笑顔をふりまいている(つもり)のにな~。 最近、猫も逃げる極悪オーラが復活してきたのかな。回復して元気になった証拠ね。絶好調なんだなあ。嬉しいなあ、よかった。よかった!? 大阪のジャージはオシャレでかっちょいい。キッチュで面白いのが沢山売っている。自分でもこの手が似合うような気がするので、各種取り揃えてみようかと思いました。 ヤンキーの萩谷にぜひ会いに来て下さいね^^