やっぱウェディング・結婚式の二人って似顔絵の鉄板ですよね〜

資料のために、ゼ○シィという雑誌を購入したら、390円で分厚い冊子やオマケバックなど、たっぷりついていて、重かった。それだけ、スポンサーが多いということなんですね。式場や、衣装、旅行代理店、プロデュース会社とか。なかなか奥が深くて楽しそうな業界だな。何より、幸福のお手伝いをするというのが魅力的です。雑誌には延々と女性・新婦のウェディングの画像あり。花とドレス。まばゆいわ〜。男性・新郎はあんまり載ってない。だから、結婚式は”女性のもの”なのよね。よく言われることですが。

私は結婚式は、地味&海外リゾート婚だった。それなりに良いドレスも着せてもらえたんですがね。もう、とりあえず、ちゃんと終わらせねば〜という感じでオシャレ気分はなかった。レンタルの、とりあえずサイズの合うの、はいこれ!と。元々ファッションにそう興味ないし、ドレスを着ているっていう感じにさえなればええやん、という感じだった。

だから、現在、描いていて、お姫さま気分を味わえ楽しいな♪今の若い人は、お金をかけ過ぎずにセンスよくして、ウェディングボードやブーケなど、何でも手作りするんだな〜カッコイイ!

筆で英語カリグラフィは結構難しい。バイト先にものすごく上手い人がいる。ほんま、天才的なんだよね。下書きなしで、一発で、すごいの書かはるのよ。